整形外科、小児科、リハビリテーション科、リウマチ科、麻酔科、放射線科、外科

 MRI撮影

MRI撮影(磁気共鳴画像法)

この検査は磁石を利用した検査となります。

当院では最新型MRIを2年前に導入しました。

当院のMRIはオープン型MRIと言われ、患者様に入っていただく空間が広い為、他院では閉塞感により受けることができなかったという患者様にも、当院では大丈夫であったなど高い評価を受けております。

検査の最中はリラックスして頂くために音楽を流しており、ほとんどの方は検査の最中に寝てしまう程です。

MRIの利点では、X線のような被曝がない事や、X線写真では判らない痛めた部位の炎症や靭帯の断裂、細かな骨折、軟骨の状態、腫瘍の良悪性の判断などがあります。

『MRIを撮影したら首や腰がヘルニアと言われた』なんて事はよく聞いていただく事かと思います。

尚、MRIの検査においてはペースメーカーを装着された方等、検査をお受けできない方もおられます。

腰椎椎間板
ヘルニア

xsen5 丸で囲んだ部分はヘルニアにより脊髄を圧迫しているため、足が痛い・しびれるなどの症状がでます。

脳腫瘍

xsen6 ○で囲まれた部分が腫瘍です。

頚髄腫瘍
(造影後)

xsen7

 

○で囲まれた部分が腫瘍です。

▲このページの先頭へ